*

メルカリのコマーシャルは本当に「悪」なの?

メルカリのコマーシャル炎上

メルカリというネット通販アプリのコマーシャルが、ネットで炎上したようです。女の子がリアル店舗でみたものを返して、メルカリで購入するという行為を映像化したものですが、「非常識だ!」などなど、Twitterなどで火が付いて、ニュースサイトにも掲載されました。これって、いったい何が問題?

SPONSORED LINK


 

リアル店舗価格とネット店舗価格の比較するよね?

モノを購入するときに、僕は普通に、店頭価格とネット価格を比較しますよ。店頭だろうと、ネットだろうと、そこは消費者からみれば同じ「市場」ですから。

近所のスーパーで安い食材を買い回りするのは普通に慣行として行われていますよね。また、ネットにも「kakaku.com」のような、ネット通販サイト間の比較サイトがありますよね。あれって、地域差や売れ筋、在庫ごとに同じ商品でも大幅に価格が異なっているため、ネットの買い回りをサポートする意図があります。また、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのような大手サイトで検索して一番安いところで買うのも、当然のように行われているはずです。

つまり、リアル店舗間、ネット店舗間で、在庫や地域差などによる価格の比較は、既に許されてきたはずなのです。それが市場の原理、安いところで買うひとがいるから価格競争が起こるのですね。

 

リアル店舗とネット店舗の比較って正しい?

では、リアル店舗とネット店舗の違いってなんでしょうか?一番大きな差異はこれではないでしょうか。

リアル店舗のメリット・デメリット

<メリット>
・店舗で現物を触ったり、試着できる。洋服はリアル店舗のほうが買いやすい。
・即時手に入る。

<デメリット>
・多店舗との価格比較がしづらい。

ネット店舗のメリット・デメリット

<メリット>
・複数店舗をまたがって同時に検索して一番安い、一番ポイントがもらえるなどの比較ができる。

<デメリット>
・現物を触ったり、試着できないので、思っていたものではないトラブルがある。
・手に入るまで到着を待たないといけない。

 

このようにお互いに無い部分を補い合っている側面がありますよね。そうすると、今回バッシングをした人たちは、「リアル店舗、ネット店舗でそれぞれが、メリットとデメリットを理解し、共存関係にあるはずだ。だから不可侵(双方でメリットを脅かさない)ではければ」という前提なのでしょうか?でもそうすると、リアル店舗とネット店舗を比較してものを買っていません、ということになります。どうなんでしょうね?少なくとも、ネットで気になっていて、リアルで現物をみて決断できて購入する、というパターンは、意識、無意識的に往々にしてあるのではないでしょうか。それもリアル店舗だからこそできる「欲しい時に手に入る」というメリットを享受しているのです。また、ネット店舗にリアル店舗の地図をつけて、「店頭ではもっとたくさん種類を用意してます!」という宣伝に使っている場合もありますし、リアルでは売れなかったものが、ネットで火がついて、リアルの売上が伸びるというケースも沢山あるわけで、双方は常にリンクしている関係だと言えます。「補い合っているから不可侵であるべき」なんて前提はそもそも存在しないはずです。

こう考えると、日常的にネットとリアルは比較され、購買活動がなされているし、それは正しいのだと考えることができるのではないでしょうか。

smartphone-1184883_960_720
 

何がバッシングされているの?

今回コマーシャルが叩かれたのは、「炎上マーケティング」的なものを感じます。日常的にネットとリアルの比較を「暗黙で」行っていたものを、こうして映像にしてまるで「斡旋する」ような表現をすることで、確実に炎上するひとたちが存在するとわかってやってますよね。Twitterから問題提起されて炎上したらしいですが、日常的に行われている購買行為を映像化したに過ぎませんから、「悪」という断罪はされません。意外と一部が炎上していて、そのほかは冷静だったりします。「へえー、確かにいつもやってる!」「ニュースで炎上したって言ってるよ」と口コミで広まり、確実にメルカリのネームは広まりましたね。いちばんわかりやすいのは、このコマーシャルをみて、どこのリアル店舗が文句を言っていますか?ということです。僕が調べた限り、そういうことを言っているのは見かけません。つまり市場はクールに受け止めているし、むしろ補いあう関係としては、そうしてもらって結構ですという立場なのではないでしょうか。現物をみて、即時欲しければ、みな買っているはずです。そこで買わないのは、買わない理由があるからです。ただそれだけですよね。

help-906885_960_720

まとめ

こんな炎上マーケティングは、今後も繰り返し行われます。ネットには様々な考え方をもったひとがいるため、どんどん空想で燃料投下して悪者にしようとする側面がありますが、冷静にみればたいしたことが無いのがほとんどです。明らかに悪と言えるのは、詐欺や悪徳商法、ドラッグ販売に加担させようとするものですから、僕はそういう視点でみるようにしています。お読みいただいてありがとうございました!

 

スポンサーリンク




関連記事

木のぬくもりを感じられるmade in japanのボーダー柄チェスト【コローレ 40 チェスト】

一つあるだけで部屋の雰囲気をガラリと変える天然木のちから 突き抜けたデザイン。 総天然木の存在感

記事を読む

Yahooの料金が一気に値上げされる裏のカラクリを大胆分析!

Yahooサービスの金額が変わるぞ 2016年に入ってYahooサービスの金額がいろいろと変わるの

記事を読む

浮遊するデロリアンにドギモ【MagneticFloatingデロリアン】

実際にみたときはドギモ抜かれましたよ。 本当に浮いちゃうデロリアンを作ってしまったんだ。 磁力で

記事を読む

大きめなのにおしゃれで存在感ばっちり!通学にも最適なリュック【ニューエラRUCKSACK】

NEW ERA=ヒップホップ?偏見はもったいない! NEWERAというブランドがありますが、日本だ

記事を読む

磁石で永久機関はできなくてもリニアモーターカーが自宅を走る時代になった【リニアライナー 超電導リニア】

夢のリニアモーターカー 磁石で永久機関を作ろうという試みは実は沢山試されていますが、実現できていま

記事を読む

ダ・ヴィンチ・コードのあのデザインを模したヴィンテージ風USBメモリー

映画「ダ・ヴィンチ・コード」の筒状容器「クリプテックス」をモチーフにしたUSBフラッシュドライブです

記事を読む

キャビネット標準装備で収納力あり!おしゃれでパソコン作業はかどるデスク!【ニトリ システムデスク キャネーラ】

L字型デスクをかったった! 転居をきっかけに、少しお部屋が広くなったのでL字型のデスクを買いました

記事を読む

ついに未来のスニーカー「パワーレースシューズ」の発売が決定!

あの!未来のスニーカーがついに発売 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが大好きなので、この

記事を読む

水に浮かべる清潔で癒し効果抜群の加湿器【MIRO CleanPot】

加湿器が大好きで、むかしちょっと変わった加湿器を仕入れたりしていました。この頃はこういう水に浮かせる

記事を読む

24のジャックバッグはコスパ最高でおすすめ【ROTHCOメッセンジャー】

「24」でジャックと活躍した戦うシンプルバッグ ドラマ「24」で主人公ジャック・バウアーが使ってい

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




  • いくつかの仕事や趣味で触れてきたインテリアや時計、雑貨、飲食といった「モノ」が大好きです。みなさんのお役に立てる記事を書いていきます!
PAGE TOP ↑