*

これで毎朝美味しい珈琲を楽々で淹れてます!【ACE-M080KQ】

公開日: : 最終更新日:2016/02/17 料理・飲物, 家電 ,

とある友人宅にたまに泊めてもらうんですが、毎朝「こぽこぽ…しゅー」という音を聴いて癒されます。テレビを観ない友人なので、朝の静寂に、コーヒーメーカーの音が心地よく鳴り響くのです。インスタントコーヒーを飲みたくないひとなので、コーヒーメーカーで淹れているんですが、やっぱり味や香りが違うと思います。僕はそこまでこだわりは無くて、T-falのポットでお湯を注いでインスタントコーヒーが飲めれば十分だったんですが、良いものを知ってしまうと、自分も取り入れたいと思うのは人間のサガなのでしょうね。店頭やネットで調べてついに使い始めました。

71jzDCmG1vL._SL1500_
「タイガー コーヒーメーカー ACE-M080KQ カフェブラック」です。良い所を列記してみますね。

1.最大8杯分のコーヒーをいっぺんに淹れられる。

5杯用などもう少し容量少なめなタイプもありますが、8杯用にしておくと、例えば友人が数人来た時にも全員に淹れられます。値段はさほど変わらないので8杯用にして良かったと思います。

2.淹れたてを保温ポットに直接入れる仕組みなので、数時間温かいコーヒーを飲める。

保温電力を使うことなく温い状態にできるところがミソです。電気保温は電力を使ううえに、コーヒーの味も落ちやすくなりますので、自然に保温してくれるのは嬉しいです。

3.コーヒーペーパー使用のため清潔に使い続けられる。

コーヒーメーカーによっては、付属の金属製のトレイに豆を入れるタイプもあります。ペーパーセットの必要がなく楽なような気もしますが、結局トレイを毎回洗わないといけないので手間はむしろ多いと思います。ペーパーは100枚入りでも300円ぐらいで買えますので、ペーパーフィルターをおすすめしたいです。

4.フィルターをセットするトレイを持ち上げても下から滴らない。

これ、使ってみて一番驚いたことです。トレイにはまだコーヒー豆も水分も残っているのに、トレイの下の穴から滴らないようになっているようです。手提げもついているので、ゴミ箱のうえまで持っていって豆を捨てられるのは本当に便利で使い手のことを考えていると思いました。

5.毎回洗うべきものが少なく便利。

都度洗っているものは、コーヒーフィルターを入れるトレイと、ステンレスポットです。散水板などは、コーヒーが直接あたらないので、毎回洗う必要はないと思います。時々洗ってあげたほうがいいと思います。

00000001432255_A04
6.操作が簡単

ボタンはたった3つだけしかありません。淹れたいコーヒーの濃さごとに「うすい」「ふつう」「こい」を押すだけ。淹れおわると、アラームが鳴って教えてくれます。主電源も自動で切れるようです。気になるひとはコンセントも抜けばいいでしょう。

 

7.低価格

Amazonで7,000円を切ってます。ドン・キホーテなどでも比べましたが、こちらがおすすめです。下のリンクからみられますので、のぞいてみてくださいね。

amazon

コーヒーメーカーは、「コーヒーミル」という豆を挽く機能も内蔵した全自動タイプと、今回紹介しているような、挽いた豆を使って淹れるタイプがあります。全自動タイプは機械で豆から挽きたてを飲めるメリットはありますが、結構音がうるさいんです。例えば夜飲みたいときは、ちょっとうるさくて使えません。たいていはミルからはじめる機能と、挽いたあとの豆からはじめる機能を両方備えているので、両方の豆を用意しておけば大丈夫なのですが、僕は夜飲みたいこともあるし、豆から挽くほどこだわりは無いので、挽きおわった豆から淹れるタイプで十分です。

71j7SJKj2ZL._SL1500_
このメーカーに強いて問題点を挙げるなら、つかいはじめは少しプラスチックのような香りがしてしまいます。これはどんな機械でも仕方ない部分だと思います。プラスチック成分が溶けているわけではないので健康上の問題はありませんし、使っているうちに消えます。また、「連結弁に豆がかからないように」という注意書きがあるので、神経質なひとはそこが気になってしまうかもしれませんね。僕は丁寧に使えば、さほど神経質にならなくても大丈夫だと思いました。

これで毎朝、美味しいドリップコーヒーが飲めるようになりました。間違いなく、今年の買ってよかった大賞候補です。

 

スポンサーリンク




関連記事

3日で3GBになった「305ZT」を容量節約して快適に使おう!②

容量節約をしよう! まず容量についてですが、1GB=1024MBですので、3GB=3072MBとい

記事を読む

四角くクリーンな印象のいままでにないエアコン【霧ヶ峰FZ/FLシリーズ】

エアコンは何故だろうか、昔から白やベージュで、ちょっと丸っこくて、なんかぼてっとした印象のものばかり

記事を読む

3日で3GBになった「305ZT」を容量節約して快適に使おう!⑦

トラブルと対処について! 今回は、使い始めて遭遇したトラブルについて書いていきますね。 直接関わ

記事を読む

アナハイムではなければ、どこで造られたのだ!?【ガンダム バーニアタンブラー】

Made in TSUBAME 金属加工製品で世界中に広く知られる新潟県 燕市。同市の匠によりガン

記事を読む

モンスターエナジーゼロは超日常なドリンク【MONSTER】

エナジードリンクを馬鹿にしていました モンスターゼロというドリンクが好きで、特に気怠いあさに1本飲

記事を読む

先人がトライしてきた小さいパソコンの進化系【キングジム ポータブック】

売りは、小さいのにフルサイズキーボード SONYや富士通をはじめとしたメジャーメーカーや、工人舎の

記事を読む

ゆかりペンスタイルに感じる面白い商品開発のこと

「ゆかりペンスタイル」かなり売れてますね。昔からあるふりかけ「ゆかり」をペン型の容器に入れて持ち歩け

記事を読む

小鳥に癒されるエコなディスペンサー【Thirsty Bird Water Dispenser】

素早く身体を潤すニーズアイテム ウォーターディスペンサーはひそかにブーム。家庭用に設置しているのも

記事を読む

あひるがぷかぷかしながらのん気に加湿してくれるUSB加湿器

泳いでる水で加湿するという他に無い感じもいいね あひるさんを水を注いだコップに入れて電源ON。

記事を読む

日本の技術者の夢で爽快な目覚めを【TickTockBluetooth】

「あのジリジリの目覚まし時計!?」 そう思ったあなたはおじさまかも(笑) デザイ

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




  • いくつかの仕事や趣味で触れてきたインテリアや時計、雑貨、飲食といった「モノ」が大好きです。みなさんのお役に立てる記事を書いていきます!
PAGE TOP ↑