*

BB-8のかわいい動作に癒される!未来を体感できるハイテク玩具

公開日: : 最終更新日:2017/12/27 ガジェット, 玩具 , , ,

スターウォーズは映画界の玩具王

スターウォーズをはじめて観たのはまだ幼いころでした。当時は3部作がまさか4部~6部だったなんてしりもしなかった(笑)
こんなにどっぷり、スターウォーズと付き合うようになるとは。

SPONSORED LINK


スターウォーズは最もたくさん玩具化された作品のひとつです。ライトサーベルだけでも世界中でいったいいくつのメーカーから何種類発売されてきたのか数えるのも難しいぐらい。様々な関連の玩具に触れてきましたが、「BB-8」は度肝を抜かれました。回転する球体に頭がちょこんと乗っかり、本当にいきもののようにゆらゆらと動きまわります。その頭が回転する胴体から落ちないのが、「じ、、、磁石だ、、、」と、ナポレオンズのマジックの種明かしかのように見つめてしまいました。(このネタ、わかる人いないかな)

BB-8とは

そもそもBB-8って何?という方のために下記の説明を抜粋させていただきます。

BB-8はエンドアの戦いのおよそ30年後に活動したアストロメク・ドロイドである。ボール型の胴体に、R2シリーズ・アストロメク・ドロイドに似たドーム型の頭部を持っており、胴体を回転させることで移動した。ボディの大部分は白かったが、一部は銀色やオレンジ色で、アイ=ピースは黒だった。所有者はポー・ダメロンであり、彼のT-70 Xウイング・ファイターに乗り込んでいた。また、砂漠の惑星ジャクーを訪れたこともあった。
引用:http://ja.starwars.wikia.com/wiki/BB-8

bb-8
補足。ポー・ダメロンは、反乱軍に所属するXウイングの男性パイロットで、今回の3部作でのハン・ソロのような立場みたい。ポーはハン・ソロの息子で、BB-8は、R2-D2のようなドロイドとして相棒にして戦っているということのようです。この説明でなんとなく、BB-8の立ち位置がお分かりいただけたでしょうか。ちなみにこの垂れ目の凛々しい男性がポーだ!

PoeDameronHS-Fathead

これがBB-8だ

61ggYXc4NnL._SL1023_
スマートフォンで操作できます。発進したときに「ぴゅー!」とカトゥーンのように頭が後ろに倒れ、停止時に前にガクッとなる姿が、個人的には大好き。妙に生きているかのような感覚を覚えてしまうのは、たくみなギミックによるところが大きいでしょう。ではでは。

 

Tutorial: Getting Started with BB-8 App-Enabled Droid || Built by Sphero



 

Amazon.co.jpでチェック

amazon

スポンサーリンク




関連記事

デジイチストラップを全部コンデジで使っちゃおう【2点吊りアダプター】

ETSUMI 2点吊り ストラップアダプターは目から鱗の便利アイテム。 デジタル一眼レフと

記事を読む

SONYが本気出した大音量・高音質な小型防水スピーカー【SRS-X1】

日本人はお風呂大好き 日本人は風呂好き。30分以上入浴している割合が64%という数値でも入浴好きが

記事を読む

PSYCHO-PASSに登場したドミネーターはガジェット好きは大注目

アニメの枠にとらわれないコンセプト PSYCHO-PASS (サイコパス)というアニメで使用されて

記事を読む

英語などの単語を簡単に翻訳してくれる海外旅行の強力な助っ人!【imisiru(イミシル)】

まったく新しい使用感をもった翻訳機 imisiru(イミシル)は、簡単に説明すると、文字として印刷

記事を読む

鍵を無くさず5秒でドアを開けられるアイテム【KEY-BAKオリジナル】

キーリールのよさ KEY-BAKオリジナルキーリールというアイテムを紹介します。そもそもキーリール

記事を読む

レゴの歴史は結構深くて学ぶものがあった【レゴブロック】

レゴ職人の仲間がいた 以前Web業界にいたとき、仕事仲間にレゴ職人をやっている人がいました。 レ

記事を読む

自走式レコードプレーヤーはかわいいね【RECORD RUNNER】

そのむかし、SOUNDWAGONという自走式のレコードプレーヤーがありました。かわいいですよね。

記事を読む

完全無線イヤホンのトラブルシューティングをご説明!【ZNT AirFits】

いろいろ調べあげたトラブルシューティングをご説明します。 前回、「ZNT AirFits」という完

記事を読む

スマートペン本命!こりゃ凄いや【Livescribe3】

実際に使ってみたけど、想像していたよりも認識が良い。書き始めるとすぐに画面に文字が表示される。このレ

記事を読む

ジャイロセンサや自立走行に燃えるなら【セグウェイ】

セグウェイの誕生 コードネーム「ジンジャー」ではじめて発表されたとき、いったいどんな未来の乗り物が

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




  • いくつかの仕事や趣味で触れてきたインテリアや時計、雑貨、飲食といった「モノ」が大好きです。みなさんのお役に立てる記事を書いていきます!
PAGE TOP ↑