*

安い、書きやすい、よく消えるの3拍子揃ったホーローホワイトボード

公開日: : 最終更新日:2017/12/27 ガジェット, 家具 ,

ホワイトボードは安い

まずは「ホワイトボード=高いもの」という固定観念をやめよう。

SPONSORED LINK


ホワイトボードは、アルミ板やスチール版の安いホワイトボードはマーカーが消えにくく書き味も良くないので、ホーロー製がおすすめです。しかしホーロー製のネックは高いということ。会社で使うようなのはホーロー製が多いです。実際、多くの企業で事務用品を発注するASKULのサイトで「ホワイトボード」で検索してみる先頭に表示されるのはホーロー製です。以下はその例として。

プラス WBシリーズ 大型スチールホワイトボード(片面)幅1877mm イレーザー・マーカー(黒・赤)付 1台(2梱包)

ホワイトボードは高いという概念がある方は、こういう企業向けのものを知っているからかもしれないし、単に関心が無いだけかもしれないですね。

それではずばり言おう。僕が自宅で使っているのは、ホーロー製でも15,000円前後です!

安いと聞けば、海外工場で品質管理して生産しているためというのはだいたい察しがつきます。
僕も買う前は、フレームがガタつくのでは?とか、結局消えにくいのでは?とか、とても不安でしたが、届いてもう数カ月利用していますが、本当に快適。付属のイレイサーでも十分よく消えるし、フレームはしっかりしていてガタつくことも無い。がしっとそこに鎮座してくれて頼もしさすら感じます。

付属のイレイサーはさすがに安価なものなので、もう少しいいイレイサーを使えば、さらに消え味が良くなりそうです。もし消えにくくなってきても、ウェットティッシュでさっと拭けばつやつやに戻ります。これで、高いものという固定観念が少しはぬぐえたでしょうか。

なお今回おすすめするカグクロのホワイトボードはサイズ違いがあって、家庭やスモールオフィスならW1200×H905mmのものがおすすめです。もちろんマグネット対応なので好きなマグネットでメモを貼っていけます。

51VPj6kNiiL._SL1000_

 

自宅にホワイトボードのススメ

次に「ホワイトボード=会社にあるやつ」という固定観念を捨てよう。
ホワイトボードを自宅に置くことでできることを説明していきます。

思いついたことを即座にメモできる「瞬発力」

思いついたことをすぐに書き留めるにはメモ用紙を用意するか、スマホのメモアプリに書くかですが、この点でホワイトボードに勝るものは無いと断言できます。いつでも手元にメモが開いてあれば別ですが。

アイデアを即座に書いて、終わったら消せる「利便性」

特に自宅で仕事するには必須です。
メモ帖、手帳、ノートが書き溜める「ハードディスク」とすれば、ホワイトボードは一時的に素早く書き留める「メモリー」ということになります。ブレインストーミングをするときにあると本当に便利。書いたものは消す前に写メしてあとでEvernoteなどに貼り付けるか、転記すればOKです。多くの企業がホワイトボードを採用しているのには、こういう理由があるんですね。

大きな文字で強調できる「強調力」

伝言用として家族で使うにも実用的。家庭ではよく小さいホワイトボードを使うことが多いです。これだと伝えることが限られてしまううえに、小さいので目立たなくてつい見落としてしまいます。
ホワイトボードの「大きさ」というのは「大きな文字で強調できる」という強みがあります。この点でのアドバンテージはメモ帳やアプリにも真似できないアナログの良さですよね。

以上が、僕が実際に使ってみて感じたことですが、いかがでしたでしょう。
おそらく置場についてクリアできれば、きっと「思いついたアイデア=宝もの」を逃さないアイテムになってくれるはずですよ。

 

Amazonで販売しています。

amazon

楽天でも販売しています。

e8e9f743bafa9da97c292685af02e6fa

スポンサーリンク




関連記事

ロボの発展の過程で家庭用ペッパー【Pepper】の位置づけとは?

まずは「家庭用ペッパー」について簡単にまとめてみた 価格は198,000円(税抜)。一般家庭

記事を読む

彼女が丸太で寝ていたら【丸太フェイククッション】

シュールだけど面白い。痛そうなのに、実はフカフカ。 誰かを驚かすシチュエーションは、普通の部屋

記事を読む

SONYが本気出した大音量・高音質な小型防水スピーカー【SRS-X1】

日本人はお風呂大好き 日本人は風呂好き。30分以上入浴している割合が64%という数値でも入浴好きが

記事を読む

肩や腰に固定できてばっちりおしゃれ感強いカメラホルダー!【Capture PRO Camera Clip】

「次のチャンス」を逃さないことはカメラマンの命題 カメラを持ち歩いて撮り歩く場合、フリーの手持ち、

記事を読む

アナハイムではなければ、どこで造られたのだ!?【ガンダム バーニアタンブラー】

Made in TSUBAME 金属加工製品で世界中に広く知られる新潟県 燕市。同市の匠によりガン

記事を読む

アクセントの効いたヴィンテージバーチェアで午後のひとときを【Lewis】

ヴィンテージインテリアとして優れていて、高さが絶妙なバーチェア。 こんなふうにサイドテ

記事を読む

しっぽフリフリ♪猫の壁掛け時計が人気!【しっぽ振りシェードクロック】

にゃんこ大好きな僕。店頭でぐうぜんみかけて、惚れちゃいました。 にゃんにゃんしっぽを振って、時

記事を読む

トトロのふわふわお腹で夢の中にふわっと飛んでみよう【となりのトトロお昼寝クッション】

となりのトトロは僕の永遠の癒しです!   僕は180センチ以上あるなかなかの男なんです

記事を読む

ゲーム&ウォッチと3DSが融合!?【レトロケース&ウォッチ】

年がばれそうだが(別の記事でもうばれてるか)、子供のころゲーム&ウォッチが流行しました。僕はお年玉を

記事を読む

先人がトライしてきた小さいパソコンの進化系【キングジム ポータブック】

売りは、小さいのにフルサイズキーボード SONYや富士通をはじめとしたメジャーメーカーや、工人舎の

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




  • いくつかの仕事や趣味で触れてきたインテリアや時計、雑貨、飲食といった「モノ」が大好きです。みなさんのお役に立てる記事を書いていきます!
PAGE TOP ↑